極寒のライトゲーム

釣り中仲間のK君が約4カ月ぶりに仙台に帰ってきたので、1年ぶりに牡鹿の堤防でライトゲーム五目。

21時半エントリー。

懸念された風はさほどでもなく釣りには問題ない。
幸い先行者の姿はなく潮通しよさそうな堤防の先端部を陣取ります。

水面を照らすと、おびただしい数のメバルの魚影。

1gジグヘッドにベビーサーディン。

コツコツ当ってくるが、乗らない。
浮いてるのは小さいメバルの模様。

常夜灯の明暗部にキャストしてジャーク入れるとボトムから黒い影。
ジジジジジ・・・

う、これはきつい。

Kくんにタモ入れを要請し、堤防の足元までなんと寄せようとするも、なかなか寄ってこない。
ま、ULのメバルロッドにPE0.6号、リーダー4lbなので無理をすればあっけなくプッツン・・・

ドラグは締めず、ラインテンションだけキープすることに集中し、なんとかKくんのタモにネットイン。
45cmのシーバスでした。
画像

リバーシーバス用のタックルなら水面滑ってくるサイズだが、ライトタックルでのやり取りはこのサイズでも面白い。


その後もリリースサイズのメバルはポツポツ釣れるが、ソイ系がなかなかヒットしない。
そこで、ジグヘッドを3gに替え、シャッド系のワームでボトムトレースしてみると
さっそくバイト!
画像

安定のクロソ・・・ん?誰だお前W
ベッコウとも違うような・・・
ちょっと種類がわかりません。

一方K君は内湾を攻めて良型ドンコを数本ゲットしてる模様。
相変わらず釣りまくってんなぁ・・・と思ってるとK君からタモ要請が。

どうやらK君大物と格闘中。

ヘッドライトで照らすとクソでかタコww

ネットインして引き上げようとするとぐっ・・・・重いwww
画像

めちゃくちゃ立派なタコでした。
(塩茹でしたら結構美味かった)

今度は俺もタコ仕留めたい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント