50本突破

最近は釣り仲間の船でLTジギングとゆうものばかりで全然シーバスはやれてませんでしたが、秋晴れで気持ちのいい天気なので名取川の中流域へ。 場所の詳細は調査段階のため控えますが、地形と水深的に居ても何らおかしくない場所。もうここら辺まで来るとシーバスなんてやる人は居ないので、あとは自分のこれまでの経験で釣るしかない。 高校の時の通学路だ…
コメント:0

続きを読むread more

パターンに苦戦

シーバス仲間Kさんといつものポイントに行って来ました。上げ潮狙いで15時エントリー河口域、大橋下流はボウズはまずあり得ない場所だったので、早々にゲストに1本釣ってもらって...と思いましたが、今までと何かが違う だいたいいつもベイトがいる本流のヨレに全くベイトがいない ローリングベイト66でドリフト気味にデッドスローリトリーブでヨレ…
コメント:0

続きを読むread more

塩釜でライトゲーム

ここ最近の雨で河川は増水気味。ウェーディングするにもちょっと危険かなぁ、と思ってライトゲームに癒やされようと塩釜港と貞山堀の合流地点へ。 ここは以前メバルが大変よく釣れました橋のオレンジの外灯がいい感じに明暗を作って釣れそうな雰囲気を作ってます。 準備してると、早速その明暗でボイル!明るいところへキャストし、暗闇に差し掛かるタイミン…
コメント:0

続きを読むread more

大人の夏休み2

お盆休みも終盤に差し掛かりましたが、今年は1週間近く休みをもらえました。満を持して釣りに行きまくってやる!と意気込んだものの、連休中台風の影響で天気は大荒れ。俺が何したってんだよ…(俺が可哀想だろ!) やっと待ちに待ったベタ凪予報前回の虫パターンの再現性検証で遠征リザーバーゲーム ただ前回との違いは光量前回はどピーカンだったのに今回…
コメント:0

続きを読むread more

名取川デイゲーム

またホームの名取川に来ました正直来すぎですw今のところボウズは回避できてますし、なんてったってほとんどやってる人がいない。釣れないイメージ持ってる人多いんですかねぇ。大橋からエントリーして水深1mないくらいの干潟をウェーディングデイゲームだと地形を把握しやすくていいですね…唐突に現れるゴッツい石というかむしろ岩レベルに怯えながら半歩ずつ…
コメント:0

続きを読むread more

名取川ポイント開拓

最近調子がいい名取川もっとポイントの開拓の余地は沢山あります今日は貞山堀との合流点付近を軽く調査Googleマップで見た印象よりポイントまでは結構歩きます。一応干潟っぽいとこなのでウェーダー着用必須で。干潟とは言いつつも牡蠣殻がみっしり、ってこともあり得るので、シングルフック化したノーブランドのバイブレーションで地形を把握します。案の定…
コメント:0

続きを読むread more

大人の夏休み

いつもは普通の人が寝てる時間に釣りに行くという状況でしたので、何でもいいから一日中釣りをしてみたいと思ってました。 そしてチャンス到来です 今日は大人の夏休みをいただきましたフロートボートやエレキを積み込み県内で最大級のリザーバーへ。 現地着くと微風。しかし風向が嫌ですねぇ。このままだと帰りは向かい風に晒されそう。ま、強くなんない…
コメント:0

続きを読むread more

名取川ナイトゲーム

出張で名古屋にいましたが午前中で仕事が終わり、そのまま名古屋で釣りして帰ろうかと思いましたが、仙台よりもハイプレッシャーで初見の俺なんかが釣らせてもらえるわけもないということで、そのまま地元に帰ってホームでやることにしました。 その前に少し名古屋市内を散策.....歩けど歩けど釣具屋がないwまあ、せっかく名古屋に来たからにはということ…
コメント:0

続きを読むread more

暇な時はシーバス釣りに

子どもの習い事の送り迎えの合間に、名取川のポイント調査前回今泉側でも釣れたので袋原側はどうなんでしょうか。早速トランクから半乾きのウェーダーを。 今まではナイトゲームが主流だったんですが、キレイ好きな自分は風呂を済ませてから釣りに行ってました。なのでウェーダーの内側がちょっと湿っぽくなってる気がしますが、それはきっと”キレイな自分の身…
コメント:0

続きを読むread more

名取川シーバスガイド

近場のタフなエリアですが、通い慣れてきたこともあり基本的にボウズは無くなりました。まぁアベレージ的にサイズはアレですが... この話を釣り仲間にすると”まさかあの川でホントに釣れるの?”って反応が返ってきます。 いや、無理ありません。1年前の自分も同じ反応をしてたと思いますw ってことで、今シーズン開拓したポイントを自分のガイドで…
コメント:0

続きを読むread more

名取川中流域釣査

今までシーバスって言ったら阿武隈とか石巻とかわざわざ遠いところ行ってましたが、釣り方次第では近場でも十分ゲームは成立することわかってきたところで、近場もっと開拓してみたくなり、暇さえあればグーグルマップとにらめっこ。 名取川なんて途中広瀬川と分岐してシーバスも行こうと思えば長町や山田インター付近まで行けるんですね。そんなところでもシー…
コメント:0

続きを読むread more

松島湾ヒラマサキャスティング

雨続きの中で久々の晴れ間、半日休暇取得で釣り仲間所有のプレジャーボートで松島湾でキャストゲームしてきました。 朝イチ大根相変わらず遊漁船多すぎ!しかし釣れてる気配が一切なし!魚探にも何にも映らない… これはヤバい…諦めてボウズ逃れで仙台サーフでフラット 思ったほどは釣れなかったけどまあそれなりに釣ってさてどうするか… ワンチャン…
コメント:0

続きを読むread more

広浦でランカー獲ったどー!

仕事終わりに南向きの風が吹いてる、よし斎場浦へ。 風が吹くと桶屋儲かる的な感じになってますが、南風が吹くと釣れるポイントなんです。 理由は単純斎場浦の葦原が南側に面しており、南風が吹くと岸際にベイトが集まるので、その周辺にボイルが出るという 現地着いてみると案の定ベイトの気配。しかしボイルはない。岸際をスイッチヒッター65Sでトレ…
コメント:0

続きを読むread more

真野ダム遠征

半日休暇を取得で真野ダムまで遠征してきました。11時には仙台に戻りたいので9時には切り上げるとなると逆算して出発時間は... 深夜2時ww 頑張って早起き、むしろ嫁がまだ起きてて普通に見送られました... それはそうとはブログ提供元が大リニューアルしてデザインが変わってしまいました...使い方も慣れない...まぁいいや フィール…
コメント:0

続きを読むread more

ヌルヌルデイゲーム

そういや今年、マトモにナマズゲームやってないなぁ、と思い七北田川水系?の小水路の調査 大雨の日だったら「ちょっと水路の様子見てくるわ」完全なるフラグになってしまいますのでご注意w 本流に流れ込む水門の中を覗くと奥でピチャピチャピチャ...と何やらヤラシイ音が。 何かの生物がいることは間違いない。 水門からの水が止まっているので水門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名取川(広浦)シーバス釣行

名取川...俺の中でクソも釣れない川(腕の問題?) しかーし!その中でもポテンシャルを秘めてる場所があります。 それは名取川のすぐ横の広浦という汽水湖。それも南風が吹くとボイルが出る場所があります。 0300起床 名取川河口の水門付近でシンペン巻き巻きするも無反応 巻き巻き巻き... ドン!(根掛かり) やりやがったなぁ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台サーフフラットゲーム

釣り仲間から、今フラット熱いよ!という情報を元にとりあえず家から一番近い仙台サーフへ。 正直言うとサーフは苦手です。 今まで何回かやったことありますが釣れた試しない... あと広大なサーフにひたすら投げ続けるモチベーションが保てない... やっぱ釣りはカバーに当て込むような釣りが好きです 干潮めがけてエントリー 人やっばww …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父バス釣り講座

県内のフィールドの至る所でバスが活発に動き出して楽しい季節になってきました。 数釣りを堪能できる反面、サイズを狙う上では非常に難しい季節となってきました。 今回は”全くの初心者にバス釣りをやらせて釣れるのか”という検証をすべく娘(5才)に協力してもらいました。元々、普段自分がバス釣りをする上でポイントとして染み付いてる感覚的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔のダムリベンジ

ちょっと遠征して隣の県まで来ました。 ハイプレッシャー過ぎて土日に来ようもんならトーナメントかっ!ってほどボートが多い通称”魔のダム” というのも私し目ではマトモに釣れた実績がありません なので平日、半休を利用してフロートボート 釣行してみます シャローエリアを流してみるとボイル連発 すかさずDOG-X投げるも全く食って来ないww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これぞ令和フィッシュ

久々にフローターがやりたくなり早起きして南川ダムへ。 現地AM0500 なんとww フローターを出そうと思ってた場所全てに鯉釣り師が竿を何本も出してる状況... にしても何時から居るんだよ... 不必要なトラブルは避けたい、というか後から来たやつが先行者のポイントに入るのは御法度... なので対岸の公園を降りたところからやる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more